チームウェア大量注文のコツ

水泳に必要なビート板の大量注文

日本には、四季というものがあります。季節の移り変わりを体で感じることができるのは、日本の魅力のひとつであり、そんな素晴らしい環境下で私たちは過ごしているのです。 四季がある日本では、毎年、夏の季節が訪れます。学校では水泳の授業があったり、市営や県営のプールで泳いだりすることができます。 そこで必ずプールにあるものといったら、ビート板です。 子ども達や泳ぎが苦手な人たちのサポートとして、とても大切なアイテムです。 そんなビート版が、劣化や破損し買い替え時という方々に、大量注文する際の選び方をご紹介します。

特徴を知ろう

ビート板はどれも同じだと思っている方がほとんどだと思います。 しかし、ビート板にも色々な種類があります。 そこで一番大事になってくるのが、浮力です。ビート板の浮力は、質や形・厚さによって左右されます。

浮力の高い素材としては、やや固い「高密度ポリエチレン」、丈夫で破損しにくい「エチレン酢酸ビニルコポリマー(EVA)」、柔軟性が高い「発泡ポリエチレン」などが一般的です。 また、形としてはスクエア型が多く、3層構造や4層構造などもあります。 熟成形処理を施し、表面にスキン層を作る事によって強度をアップし、汚れにくくしたものもあります。

プルブイとは…?

ビート板はキックボードとも呼ばれます。ビート版は基本バタ足・息つぎの練習に使います。 手で持って、バタ足しながら泳ぎ、キック練習をするのが主な使い方です。 また、少し泳ぎが上達したときは、脚でビーチ板を挟んで手で水をかく練習にも使えます。

しかし、初心者だと大きなビート板では脚に挟むには不向きです。 水泳を習いに来る利用者が多い施設は「プルブイ」と呼ばれる脚に挟むのに適した用具を大量注文し、提供しています。

どういったビート版がいいの?

大量注文ということは学校が主だと思います。学校でビート板を使う人は、「低学年の小さい子ども達」や「水泳が苦手な子」といったところでしょう。 そんな子ども達に間違ったビート版を使用させてしまうと大変な事になります。

ビート板は体積が大きいほど浮力が大きいので、そういった子ども達には、なるべく大きいものを用意しましょう。 また、子どもの手は大人と違って小さいですし、力もそんなのはありません。 水泳は結構な体力を消耗するスポーツなので、軽く持ちやすい物を選ぶと良いでしょう。 特に小さな子どもが持つ際には見逃しがちですが、大切なポイントです。

まとめ

ビート板にも二つの種類があるので、学校やスイミングスクールなどは、浮力が高く大きくて軽いものを選びましょう。 泳ぎを得意とする競技選手などが利用する施設は、プルブイなど、しっかり泳ぎの練習ができるものもあるといいですね。 しっかり判断して大量注文しましょう。

もっと読む