チームウェア大量注文のコツ

ユニフォームを大量に注文したいときの製作方法

新規でチームを結成したり、新しいデザインに替えたりするとき、ユニフォームを大量に注文して作ってもらう必要があります。 ユニフォームは試合をする上でチームには必要アイテムです。 デザインを決めたりユニフォームの色を決めたりと完成するまでに意外と時間がかかります。 では、どこで作れるのか、作る分、コストは抑えたいですよね。 いくつかのユニフォームを作る方法をご紹介します。

実際店舗に行って注文

一般的にはユニフォームはスポーツ店でも作ってもらえます。 色合いやデザインを店員とカタログ記事を活用し、相談しながら完成図を出してもらい、承諾すれば製作へという流れです。 しかし、店舗によっては生地にプリント・刺繍する作業を外注業者にお願いするところもあります。そうなると経由している分時間を要します。

メリットといえば、候補に挙げるユニフォームの生地を実際に触って確かめられるということです。着心地さは重要な分確認できるのはありがたいですよね。 ただその反面、その都度足を運ばないといけないという労力がかかります。常連であるか、店舗の対応次第では出張対応をとるところもあります。 正確性はある分、満足いく仕上がりは期待が大きいです。

ネットショップで注文

インターネットを通して作成することも可能です。 ネットショップのユニフォーム作成も取り扱っているサイトも何箇所かあります。 その中から気に入ったサイトやユニフォームの型があれば相談しながらデザイン作成へと入る順番です。

元々デザイン案があるか、希望のイメージしているデザインがあれば段取りはスムーズではありますが、一から作成となればデザイン業者の担当者とのこまめなやり取りで時間を重ねてしまう恐れがあります。 デザイン・生地の型番が決まればあとは完成品が届くのを待つだけです。 インターネットを通しながらで簡単に作ることが出来、なにより便利です。 しかし、不安要素としては完成作が届くまで仕上がりが分からないということです。 上手くイメージどおりに仕上がっていれば、事なき満足いくでしょう。

まとめ

ユニフォームを注文する時には、大量に注文かけるほうが製作業者としてもコストが良く、 製作費の値段交渉もしやすいです。気をつけるべき点は仕上がり度と完成までに時間を要することです。 新しくユニフォームを作る際は、大会や試合に間に合うように時間にゆとりを持って注文しましょう。 価格に関しては店舗によって異なるため、調べて価格比較をするほうが良いでしょう。

 

@cescstyleがシェアした投稿