チームウェア大量注文のコツ大量注文のメリット

野球ボールの大量注文がお買い得!

高校生の部活動で、様々な種類がある中、野球部の野球ボールに注目してみました。 ちなみに硬式ボールと軟式ボールがある中、軟式ボールは昭和13年に初めて作られましたが去年67年振りに新しく改良されています。 どこが変化したのかを、簡単に説明すると今までの硬さより少し硬くなった事によって、飛距離が変わり以前よりも変形するのが少なくなって、遠くに飛ぶということです。 そうなったことにより、新しく改良されたボールがどのように変化したのかを実際に試すため、注文が大量に殺到しました。

チームで活動すれば大量のボールが必要

野球は、1〜2個のみのボールでは練習もできないので、基本大量注文が主流です。 そして、ネットショップで野球ボールを大量注文するメリットは安さと、持ち運びの便利さがあるということ。 野球ボールは基本1ダース(12個)約3000円の相場から販売されています。 高いものでは、1ダース¥10000を超えるボールもあります。

基本、高校野球部が所有しているボールは、最低でも500個ぐらいは必要です。 社会人の硬式野球チームは、最低でも2000個。 野球ボールは、どのチームもたくさん持っていますが 10個注文するよりも100個注文した方が安いのはなぜか。 それは、同じものを作る際、稼動する以上一気にかなりの数を生産することの方が単価は低くなるのです。 経営規模が大きくなれば、それに伴って生産性や経済効率もあがることをいうことが多いです。 そのため、野球ボールなどの数が多く必要な物は大量注文をするのが良いとされます。(スケールメリットという)

工場のコストパフォーマンス

なぜ経営規模が大きくなれば生産性があがるといわれるのでしょうか。 例えば工場である製品を生産することを考えてみた時に、数の少ない商品を作るより、大きい単位の数の商品を作る方が経費は安くつくということになります。 それは、企業には商品を生産する経費の他に固定費といわれる、商品を生産しなくても、月々でかかる経費が存在しているからです。

工場の家賃や土地代といった場所に対する発生する経費、商品を作ることで作業員以外の従業員の人件費等が固定費といいます。 固定費は物を多く作っても少なく作ってもかかる金額は同じです。 よって、その固定費の割合を小さくするために、大量に物を作ったほうが良いことになります。

・昔と現代の子どもの大きさは違う!?

ちなみに、初代の軟式ボールは縫い目が無くて“菊の花びら”のようなデザインだったので“菊型”と呼ばれていました。 そして、なぜ去年改良される事になったのかというと 現代と昔の子供の体型の変化だと言われています。 昭和26年頃の中学生と現代の子供を比べると、身長は平均17センチ伸びて体重は14キロも増えて、なので 体型に沿って大きさや重さのボールに変化したそうです。

まとめ

野球をするにあたって、ボールはとても大切な道具の1つです。 部員数も多い学校や、チームは 大量注文するメリットが大きいでしょう。 スケールメリットを活用する事によって企業にも大きな経済影響を与えるのと同時に、購入者側にも 値段が安く手に入るので数が多く必要な場合は大量注文をおすすめします。